転職を考える看護師さんのブログ。私は看護師さんの転職支援の仕事をしておりました。人間関係、勤務時間、労働環境など悩みは耐えませんよね。仕事の悩みは多いです。ただ、転職した方が良いのか?今の職場の方が良いのか? 転職先はどんなところがあるのか?何から始めればいいのか? そんな悩める方へのブログです✨

英語を活かす看護師の仕事

英語ができる看護師さんの中で、

「英語を活かして、働ける職場」を求めている方もいると思います。

 

転職支援をしていたときにも、

英語を使える看護師の仕事はありませんか?と

何回か聞かれたことがありました。

 

近年はグローバル化グローバル化と言われておりますが、

若い看護師さんや、看護学生さんと会うと、

本当に英語ができる人が増えたな〜!と感じることがあります。

旅行も海外めっちゃ好きなんです!という方も…

(これはあんまり関係ないかな…笑)

 

f:id:moto-hearty-endooo:20160405232140j:plain

 

そこで今回は、「英語を活かして働く看護師」を書きます。


看護師 ブログランキングへ

 

 

目次

 

 

外国語対応の病院が増えている

「爆買い中国人」はみなさん聞いたことがあると思います。

最近、日本への旅行者がかなり増えてきています。

 

その旅行者が、日本国内で体調を崩したときや、怪我をしたとき、

日本国内の病院・クリニックにいきますよね。

そのときに、病院側も対応できるように対策をとっています。

 

ちょうど先日こんなニュースがありました⬇︎

www.sankei.com

 

京都にある病院が取り上げられてますが、

中国人・海外からの患者に対して対応できるように

タブレット端末にて対応するというもの。

 

それだけ、外国人の患者に対してコミュニケーションがを取ることが

今、医療業界でも重要視されてきているのではないでしょうか。

 

また、京都では英語で対応している病院一覧もサイトであります。

http://inhos.net/search/Kyoto/city_72.html

 

 

外国人患者の多い病院で働く

先ほど書きましたが、例えば京都では外国人患者が増加したため、

コミュニケーションが取れる方法、人材が必要になっています。

 

その他に外国人患者が多い病院とは?

例えば、日本にある各国の「大使館」に指定されている病院があります。

大使館に指定されている病院であれば、

日本に在住しているその国の方が患者としてきています。

 

関西にもいくつかあるようですが、某病院に行ったことがありました。

大使館に指定されている病院だったのですが、

患者さんが外国人の人が多かったです

 

その他にも、看護師さんの襟には、

何語がしゃべれるか?というバッチも付けられていました☺️

英語であればアメリカ国旗、中国語であれば中国国旗のマークです。

患者さんも一目で、この人に話したら通じる!と判断ができます✨

 

f:id:moto-hearty-endooo:20160405233719j:plain

 

病院では英語を活かすのは難しいと考えている看護師さんが多いですが、

病院によっては、外国人患者さんに力を入れているところもあるので、

看護師として、英語を活かすことが可能です!

 

 

外資系医療機器メーカー

私も実際に求人さえ見たことがないのですが、

外資系医療機器メーカーなどで、看護師資格を持っている人の

求人が出る場合があるそうです。

医療知識があり、英語が話せる人材として求められています。

 

転職サイト(人材紹介)にもなかなか出ない求人なので、

本当に募集されるのは稀なのかもしれません…。

 

 

海外派遣

国境なき医師団」のように、海外派遣で働く働き方。

www.msf.or.jp

 

結婚していたり、お子さんがいる看護師さんは

生活があったり、家族がいたりと難しいかと思いますが、

英語を活かして働ける一つだと思います。

 

 

一般企業では、英語ができる人材は需要が高くなっています。

医療業界にも英語ができる人材は今後求められてくると思います✨

少しでもお役に立てればと思います😆

 

 

2015年楽天リサーチNo1の支持率!看護師転職の【医療ワーカー】

今日も読んでいただきありがとうございます☺️