転職を考える看護師さんのブログ。私は看護師さんの転職支援の仕事をしておりました。人間関係、勤務時間、労働環境など悩みは耐えませんよね。仕事の悩みは多いです。ただ、転職した方が良いのか?今の職場の方が良いのか? 転職先はどんなところがあるのか?何から始めればいいのか? そんな悩める方へのブログです✨

男性看護師が今求められている!

f:id:moto-hearty-endooo:20160411221825j:plain

 

男性看護師が今求められています!

まだまだ看護師は女性の方が多い職業ですが、

時代の流れや、大学の看護学科新設が増えることで

男性看護師が増えてきています☺️

 

病院・施設側からも「できれば男性看護師がほしい」と、

求人のオーダーを頂くこともあります。

それだけ男性看護師の需要があるということです✨

 

 

目次

 

 

精神科病院の需要が高い

男性看護師が求められる病院・施設・クリニック、配属先があります。

男性を求める理由としては、体力が必要となる仕事が多いことが一つです。

 

特に求められることが多い病院は、精神科病院です。

病院全体の看護師の3〜4割は男性看護師という精神科病院もあります。

 

精神科病院は、体力が必要となる仕事になるので、

男性が求められることが多いです。

精神科病院の中でも、閉鎖病棟がある部署に男性看護師が多いようです。

 

f:id:moto-hearty-endooo:20160411222905j:plain

 

また、精神科病院では看護部長・師長などの管理職が

男性看護師のことが多いのも特徴です!☺️

 

 

病院で男性看護師が多い部署

男性看護師が増えており、今では病棟から外来まで多く見かけます☺️

その中でも、男性看護師が多い部署があります。

 

 

体力がいる仕事が多い部署であったり、専門性が高い部署に

男性看護師が多いのでしょうか☺️

 

 

クリニックで求められる男性看護師

男性看護師が増える中で、「看護職」以外も期待して、

男性看護師の採用を考えているクリニックも増えてきております。

 

看護師として、現場で働くことはもちろん、

事務長」「総務業務」を任せられることもあります。

 

実際に、男性看護師で、看護職以外の総務業務や、

事業務をしたことがある人は需要がさらに高くなります!

クリニックは病院よりも小さい組織になりますので、

一人にかかる業務量は大きくなります。

その分、看護業務以外もできる看護師さんは非常に求められています!

 

キャリアアップを考えている方は、看護業務以外の勉強をして、

将来的にはクリニックでの事務長兼看護師の働き方もありなのでは☺️

 

 

男性看護師のこれから

今後、男性看護師はさらに求められてくると思います。

昔は男性看護師は懸念されたり、「男性」という理由で落ちることもありました。

しかし、今は「男性」の理由で落ちることはほとんどありません。

 

大学病院・総合病院でも毎年、男性看護師の新卒入社が増えてきています。

最初に少し触れましたが、大学での看護学科新設や、専門学校の新設で、

今後看護師になる男性も増えていくと思います。

 

まだ女性が多い仕事ではあるので、

女性が苦手の方は…慣れるしかないですね。笑

 

個人的には、今後男性看護師がもっと増えてほしいと思ってます!✨

 

看護のお仕事

今日も読んでいただきありがとうございます☺️