転職を考える看護師さんのブログ。私は看護師さんの転職支援の仕事をしておりました。人間関係、勤務時間、労働環境など悩みは耐えませんよね。仕事の悩みは多いです。ただ、転職した方が良いのか?今の職場の方が良いのか? 転職先はどんなところがあるのか?何から始めればいいのか? そんな悩める方へのブログです✨

うつ病から復帰、転職

看護師さんは責任感がとても強く、仕事からくるストレスなどで

うつ病になってしまう方が多いようです😭

仕事での人間関係や患者さんからの対応で悩んでしまう看護師さんも

多いそうです。。。

 

f:id:moto-hearty-endooo:20160506200700p:plain

 

うつ病になって仕事を辞めて、治ってから復職、転職したけど、

また転職先で発症してしまい、仕事ができなくなってしまった…

そんな看護師を何人か見てきました😭

 

そうなってしまわないように、うつ病が治ってから転職する際の

注意点であったり、職場の選び方を書いていきます。

 

 

目次

 

 

頑張らなくていい

今まで休んだ分を取り返さないといけない!頑張らないと!と

意気込んでしまう人がいますが、「頑張らなくていいです!

まずは、普通に生活ができることだけで十分です☺️

 

早く働かないといけない。周りは働いてるのに…なんて

焦る必要は全くありません✨

少しずつで大丈夫です☺️今日1日これができた!で大丈夫!

 

 

病気を理解してもらえる職場に転職すること

本当に悲しいことなのですが、未だに「うつ病」に理解のない

職場もあるのが現状です。。

 

なぜ医療現場で働いている人がうつ病に理解がないのか。

正直、医療現場で働いている人で、うつ病に理解のない人は

恥ずかしいと思います!うつ病も怪我、風邪と一緒の病気です。

 

なぜ過去に骨折した人には「そうなんだ〜」で終わるのに、

うつ病になった人には「大丈夫かな…なんか不安」になるのか。

ここだけは理解できない人がわかりません!😭

 

転職先にはうつ病に理解のある職場にしましょう。

 

 

面接で正直にうつ病を明かしましょう

悲しいですが、うつ病に理解のない職場もあります。

看護師さんの面接は看護部長が出てくることがほとんどです。

その看護部長がうつ病に理解がないと、職場も理解はないでしょう😭

 

職場の体制であったり、メンタルヘルスの制度を作っていくのに

看護部長の判断が必ず入っていますから。

 

なので、面接で体調面について聞かれた場合には、

正直にうつ病だったことを伝える方が良いです。

理解のある病院であれば、入社後の働き方や、実際に復職した

看護師さんの話などもしてくれることがあります☺️

 

面接ではうつ病のことを隠した方が入社がしやすいなど言われたり、

ネットに書いていることがありますが、そうではないです。

入社できても、健康的に長く働くことができなければ、

それは入社する意味があるのでしょうか?😭

 

自分のことをしっかりと理解してもらえる職場を選ぶことが

長く働いていくためには大切です✨

 

f:id:moto-hearty-endooo:20160506205511p:plain

 

 

キャリアアドバイザーにも正直に伝える

うつ病から復帰して転職をする看護師さんの転職サポートも、

何人もしてきましたが、キャリアアドバイザーにも正直に

うつ病だったことを伝えた方がいいです☺️

 

転職支援の実績が多い転職支援会社であれば、

今までにもうつ病から復帰した看護師さんの転職サポートを

してきた実績があり、どの病院が理解があるか知っています😁

 

看護部長とも話す機会が多く、看護部長の考え方なども知っており、

受け入れてくれる人か、理解のない人かもわかります。

そこを見極めて、職場を紹介してくれるので、安心です。

 

kangoshinotensyoku.hatenablog.com

 

 

先ほども書きましたが、うつ病は怪我や風邪と一緒です。

うつ病になったから恥ずかしいとか、隠さないといけないなんて

思わなくても大丈夫です!

理解がない人の方が悪いと思います😁

そのくらい気楽に考えていくことが大切です。悩みすぎないこと。

 

 


看護師 ブログランキングへ

⬆︎⬆︎⬆︎応援お願いします☺️✨

今日も読んでいただきありがとうございます☺️